あると便利な機器をプレゼン|コニカミノルタのトナーが上質で繊細な仕上がりになる

3Dプリンターを取り入れればスマートに新開発をすることが可能

操作方法を知っていますか?

テレビなどで宣伝されて、今では知らない人はいないほど知名度がアップした3Dプリンターですが、操作方法を知っている方はとても少ないのです。ですので、時代に取り残されないためにもリサーチしておくといいでしょう。

初心者講座

  • 自分で作成できる
  • 成功するとは限らない
  • 業者に依頼するのがベスト

あると便利な機器をプレゼン

3Dプリンター

会社に導入するには

3Dプリンターを使用するためには、3DCADソフトというものが必要不可欠になり、それを通して造形物をモデリングしなくてはなりません。そして、こちらは誰でも操作することができますが、操作方法が巧妙になるので、覚える時間を作らなくてはならないのです。

失敗することもある

現在社内で使用している2DCADのデータを最新版である3Dプリンターに交換する場合は少々手間と専門知識が要るので、素人がすると時間がかかってしまいます。そして、具現化に失敗する可能性も大いにあるのです。

過去のデータを復刻できる

3Dスキャナを製作して、商品を3Dデータから取り出す方法があります。こちらなら、手作業で作られたものだったり、データが紛失したりしたものでも復元することが可能ですが、寸法が不明な場合やノイズがある場合は3Dプリンターを用いなくてはなりません。

広告募集中